記事一覧

サークルの話。

みなさんこんにちは。
締切という概念にかなりイライラして来たOTOです。2回目かな!
 なんだろう、最近こんなに更新してて誰が読むんだよって気持ちで一杯だけど書くね。
まず4月始まりから、一年生の方々は新歓の誘いが凄いです、覚悟しておいてください。
また、その中には
シンプルに危ないサークル()





フタを開けたら拗らした陰キャが権力の強いサークル
飲みサーを謳う活動数の少ないノリだけで存在するサークル
がチラホラ。僕自身、これらのサークルの新歓に赴き、また一時期所属した事があります。
ここで気をつけて頂きたいことは、
大人数系サークルで自分に合ったサークルなんてかなり少数派です、、、
まぁ、当たり前ですよね笑笑 
新歓の時ってみんなが一斉に顔を合わす機会かと思いきや、その前からtwitterやらなんやらですでにコミュニティは固まってる場合が多いです。いや、本当に。
特に野球サークルだとか、フットサルサークルなどは顕著にそれが見られます。
だからこそ、本気で何かをやりたい!
だとか輪が強いサークルが良い!とか思っている方々はやはり少人数サークルが良いですね…
一方、我々法政大学宅録同好会はその度合いが選べるシステムを取っています。
例えば、、、、
所属アーティストとしての部員であれば、他の人達と顔を合わす事はまず無いでしょう。
自分の活動が他にバレたくない…という方はこういった所属方法がオススメです。また、他サークルとの兼サーなども可能です。
そしてもう一つ
執行部兼所属アーティストとしての部員
という選択肢。
先ほど言ったとおり、本気で何かに取り組み、輪が強い事がしたい!という方には強くオススメします。
なぜなら、まず所属アーティストに作ってもらう曲のテーマ、出来上がった曲の曲順、CDの枚数を会議を通して決め、実際にCDを作成し、お客さんに営業をかけるといった、
レーベルがやるような事を大学生のうちから経験できるからです!
他にも、楽器メーカーさんによるシンセの使い方セミナーやDJ企画などを発案することなど、後々の就活に活きる事が非常に多いです。
と言ったように、他サークルでは絶対に経験できないような事も、当サークルでは可能であり、
また角度を変えて言うなら
音楽をやっていない、できない人達でも、プロデュースが好きなら所属できるのです!


少しだけでもいいです、新歓の時、詳しいお話を聞いてみませんか?^_^
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

法政大学宅録同好会

Author:法政大学宅録同好会
市ヶ谷。2016年4月3日より発足。主な活動はPCを用いた作曲(DTM)及びその発信。入部希望者はDMもしくはhoseitakurock@gmail.comまで

最新コメント