記事一覧

カオスチャイルドの話

会計に(仮)ネタをパクられたショックで夜も眠れないし食事も喉を通らないし彼女もできません。代表(仮)です。ごきげんよう。


私事ですがこの間の成績発表で見事進級しました。4年生です。「お前どうせ留年だろ」とか言って俺にタメ口きいてた後輩を正座させてグーで殴ろうと思っています。覚えとけよ。


進級要件86単位に対して87単位でギリギリ進級したもんですから寿命が9億年ほど縮んだので、迫り来る死期に震えながらここ数日引きこもって「Chaos;Child」をプレイしました。


カオスチャイルドは2014年に5pbから発売されたアドベンチャーゲームです。他の作品としては「シュタインズゲート」が有名ですね。マルチエンディング方式で、プレイヤーの選択によってエンドが変わります。そして全てのエンドをプレイすることでTRUEエンドが開かれ、物語の結末を見届けることになります。






物語のあらすじをザッと説明しますと、新聞部の部長を務める主人公「宮代拓留」が、渋谷で発生している不可解な連続猟奇殺人事件を追いかけていく内に、自身も巻き込まれていく・・・という感じです。僕も寿命が迫っているのでかなり急ぎ足でプレイしたつもりですが、それでもTRUEエンドを見届けるまでに総計30時間ほどかかりました。結構グロテスクな要素が多いので注意を促しておきます。同シリーズの初代「Chaos Head」は発売当時なんと「CERO Z(未成年購入不可)」でした。「Chaos Head」はカオスチャイルドと共通した世界観ですが、プレイしてなくても全然大丈夫です。プレイしてないならしてないで事前情報無しのまっさらな状態で楽しむことができます。Chaos Headをプレイしてると、設定上一部先読みできてしまうところがあるんですよね。


カオスチャイルド、簡潔に言うと傑作でした。巧妙に貼られた伏線、プレイヤーを震え上がらせる演出、物語を進める内に深くなっていくキャラクター達に対する人情・・・全てが記憶に刻み込まれます。一応宅録同好会の人間として音楽的な話も交えるとするなら、こういったノベルゲームは劇伴が物語の演出に大きな影響をもたらしているのが特徴ですよね。もちろん映画やアニメもそうなんですけど、文字と音楽の絡み合いはこういったゲームならではだと思います。例えば法政大学にゲーム製作サークルが存在するなら、宅録同好会がBGMを担当するとか、そういった関わり方も面白いかなと。僕が在学中に他サークルと協力で創作ができたらいいですね。いやそれなら代表が話取り付けてこいよって感じですけど。こっちから行くより「依頼」されたいじゃないですか。「依頼」。あ~良い響きだ・・・IRAI・・・待ってます・・・


さて、カオスチャイルドには「橘結衣」というとっても可愛らしい小学生が登場します。





いや~ロリコンで良かった。彼女とか嫁とかすっ飛ばして娘が欲しいよ俺は。何で家庭も無いのにスーツ着て働かなきゃいけないんだよ。まぁそもそもスーツ着て働けない人間に家庭は持てないんですけど。この順序さえ逆ならいくらでも人生頑張れるのに。将来性が無い人間はモテませんが、モテさえすれば将来なんていくらでも切り開けるよ!!!!バーカ!!!!すっとこどっこい!!!!


話が逸れました。カオスチャイルドをプレイする上でこの橘結衣ちゃんはプレイヤーに強烈な印象を刻み込みます。もちろんネタバレになるのでどういうことかここには書きませんが、とにかく橘結衣ちゃんを愛してあげてください。プレイすればきっとわかります。こういうゲームってネタバレの為に詳細を言いづらいですし、「30時間かけてプレイした人」としか語り合えないのがもどかしいですね・・・


ちなみにカオスチャイルド、現在テレビアニメが絶賛放送中です。僕としてはアニメで入るよりゲームをプレイして頂きたいところですが。iPhoneアプリ版も配信されているので、電車で暇だ!って人にはとてもオススメします。ガチャ回すより10000000000倍有益なお金の使い方だと思いますよ。


この記事を読んで、カオスチャイルドをプレイ済みの方がいらっしゃいましたら、至急ご連絡くださいませ。HUB市ヶ谷店でハッピーアワーの酒を飲みながら語りましょう。かしこ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

法政大学宅録同好会

Author:法政大学宅録同好会
市ヶ谷。2016年4月3日より発足。主な活動はPCを用いた作曲(DTM)及びその発信。入部希望者はDMもしくはhoseitakurock@gmail.comまで

最新コメント